アートメイクの手順

アートメイクがどのようなものなのか説明しましょう。まずは、施術してくれるサロンをいくつか選びましょう。ここでポイントなのが医師の免許を持っているかです。アートメイクは医療行為にあたりますので、誰もが施術できる訳ではありません。最近ではアートメイク教室を開いていた人が逮捕されたというニュースも聞いたこともあります。その点だけは絶対に確認しておきましょう。

まずは、無料カウンセリングを受けてデザインなどを決めていきます。ペンシルなどでどのような眉毛にしたいのかデザインします。どのような色にするかもその時に決めることができます。また、人それぞれ顔の印象も違いますから、ご希望のデザインでも自分に似合わなかもしれないし、全く違う印象になってしまう恐れもあります。こちらの希望をしっかりと伝えてどのようなデザインにするか決めましょう。

アートメイクは、1回の施術だけでは終わりません。一般的に2回行います。1回目では、かなり薄めに染料を入れて、それから数週間後の2回目にはもう少し、しっかりと染料が入り自然な状態に仕上がって見えます。施術のたびにアートメイクを施した部位が赤く腫れますが、冷やすことで落ち着きますので翌日にはお化粧することも可能となります。

参考:【専門看護師による診断】医療アートメイク|レーザー治療専門 – 美容皮膚科シロノクリニック